デリヘルの禁止事項はなんでしょう?

デリヘルの禁止事項はなんでしょう?

デリヘルの禁止事項はお店独自のルールがある場合もありますが、一般的に禁止しているものをお教えします。1 本番行為風俗経験者であれば、もうお分かりだと思いますが本番行為は風営法の規則により禁止です。デリヘルの場合、従業員が近くにいないことから本番を強要するお客さんも多いです。万が一、お店側に伝わった場合、何十万百万単位の罰金およびに罰則が適用されます。2 過度な飲酒状態での利用あまりにも飲みすぎた状態での利用は禁止です。場合によってはキャンセル料のみ発生し、二度とお店の利用もできなくなってしまいます。3 過度なプレイの強要本番行為に限らず、過度なプレイの強要も原則的に禁止です。女の子によっては個人的にNGにしているプレイもあります。どんなに盛り上がったからといって無理やりプレイを強行してはなりません。もし、過度なプレイを希望するのであればそのプレイができる女の子、もしくはそういったお店にはじめから行くようにしてください。4 連絡先交換、プライベートな誘いデリヘルの女の子はあくまでもお店に“雇われている身”ということを忘れてはなりません。万が一、お店の管理の届かないところで会っているとすれば、それは営業妨害となります。店側にとっては、女の子と過ごす時間もサービスのひとつとして提供しているのです。5 2人以上の利用お店によっては「3Pコース」といったシステムがありますが、通常利用した場合、2人以上の利用は禁止です。女の子が到着すると部屋に男性がふたりいたといった話は実はよくあるケースでもあります。規約をよく読み正しくデリヘルを利用してください。詳しくは各お店のホームページに記載してある「禁止事項」の覧を確認してみてください。

カテゴリー:デリヘルへ行く前に